F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

片隅 公開

1

長らくお待たせした『片隅』を本日公開いたします。

『片隅』は、伽鹿舎のWEB文芸誌です。
「片隅は、そこに立てば中心になる」
そんな思いで、九州から発信していきます。

創刊号ともいうべき4月。
本日、4月23日は「サン・ジョルディの日」です。
小説『ドン・キホーテ』の作者セルバンテスの命日(1616年)であり、さらにシェイクスピアの伝説上の誕生日(1564年)かつ命日(1616年)でもあります。
ほかにも、フランスのゴングール賞受賞作家パスカル・キニャールの、ロシアの偉大なる作家ウラジーミル・ナボコフの、ノーベル文学賞受賞作家ハルドル・ラクスネスの誕生日であり、無数の作家たちの命日でもあるこの日、もう一度文芸の再発見をしたい、と願って、片隅はスタートします。

注目を集めている作家・坂口恭平さんの語録や、短文投稿SNSであるTwitterで広まっている140字小説を毎日その日限りの掲載でお届けするほか、「このミス」大賞でデビューしたミステリ作家・深津十一さんの小説なども掲載されます。
坂口恭平さんについては、連載の準備もお願いしており、ご本人から「連載の予告して良いよ!」と承諾もいただいていますから、楽しみにお待ちください。
また、4月中、140字小説については、これまでに「pre-片隅」として公開していた準備サイトでの掲載作品から選りすぐって30篇を再掲いたします。どうぞ、「お読み逃し」なく!

片隅には、伽鹿舎が「読みたい」と思ったものを大切に集めてきました。
これから、この場所が「読みたい」「書きたい」ひとの、楽しい場所になることを願っています。

伽鹿舎 責任編集 加地 葉