F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

北原白秋氏の肖像 木下杢太郎

kinoshita
   ……願ふは極秘、かのしき紅の夢……(「邪宗門」)
 
性慾の如くまつ青な太陽が金色こんじきの髪をちらして、
異教の寺の晩鐘の呻吟うなりのやうに高らかに、しかしさびしく、
河の底へ……底へ……底へ……と沈む時に、
幻想の黒い帆前ほまへ
滑つて行く……音もなく……
明るい灰色の硝子がらすの外で、
氏はれるまどうしろで――。
さればその光の顫音トレモロは悲しく、
氏の銅色どうしよくひたひに反射した。――さなが
青のうぐひす落日いりひますとの森で鳴くやうに……
雲の彼方あなた蘆薈ろくわい花咲く故郷ふるさとへ、故郷ふるさとへ、ねえ、故郷ふるさとへ……。
 
氏はたあぶるの一角から罪色つみいろくれなゐ Cura※(セディラ付きC小文字)aoきゆらさお を取つて
薄玻璃うすばり高脚杯かうきやくはいたらした……重く……ゆるやかに……。
その懐しい錯心でりいるのやさしい呼吸いきづかひのうちに、
赤、紺青、土耳古珠色とるこだまいろ、「黄なつぽい」Sentiment 色さんちまんいろ
そのあまり日向ひなたつぽ過ぎる新しい(やや似合はない)
背広のあやの音楽に首をうづめて
(かの邪宗、その寺の門前に梟首さらされた怪僧のひたひのやうに)
はげしい異国趣味えきぞちすむに飢ゑただれた氏の表情は、
あらたに南洋から帰つた商船の事務員の如く、
ひたすら卓上の罌粟けしくちびるを見詰めてる。
 
(かの黒い幻想の帆前ほまへは力なくもだしたのに――。)
秋の日曜日の雑沓ざつたふを恐るる象、
その如く濁つた瞳、瞳の中の青い花は、
日本につぽんの――いた、つかれた
昼の三味しやみ、女の島田、も低い曲節めろぢいから、
ああ、せめては中にまじ合惚かつぽれ進行曲まるしゆから、
『空にまつ赤な雲の色、玻璃はりにまつ赤な酒の色』から、
河に面したくりや葉牡丹はぼたん腋臭わきがから、
日を受けたタンク蒸気の引いてゆく Cadenceかだんす から、
はたそのかげの痛ましい※「木+査」古聿シヨコラア
とぎれとぎれの StraussしゆとらうすGauguinごうぎやん の曲調の
うち絶えつ、またも響くやはらかかをりのうちから、
氏の厚い紫の脣はいちごの紅い霊魂を求めて居る。
瞳の青い羅曼底ろまんちつくは忘れた故郷ふるさとを捜して居る。
日が暮れるまで……
 
日本の憂鬱いううつな十月のよる彼岸あなた
寂しい三味線しやみせんがちんちんと鳴り出すまで、
なほも善主麿ぜんすまろおおらつしよいのりをつづけながら……
無益むやくにも……
 
月のかたに青ざめた帆前ほまへの黒い幻想を眺めながら……
木下杢太郎は、大学在学中に与謝野寛・晶子が主宰していた新詩社に参加し、耽美派の詩人として北原白秋と並び称されるようになった他、戯曲・小説・随筆・評論・翻訳など、文学者としても幅広く活躍した才人です。
医学者であった彼は、師と慕った鴎外に「文芸に専念しろ」と言って貰う事を望みましたが叶いませんでした。同じ医師で文学者であった鴎外への強い思いがあったことでしょう。
新詩社では白秋や吉井勇らと特に交友が深く、明治41年には共に新詩社を脱退し、パンの会を起しています。このパンの会には、後に高村光太郎や谷崎潤一郎、小山内薫など様々な分野の芸術家が参加しました。
この短い文章は、そんな彼が白秋についてしたためたものです。
静岡県伊東市には、伊東市立杢太郎記念館があります。この記念館は明治のままの建物を利用しており、往時をしのぶことが出来ます。展示室裏手には、天保6年(1835年) に建てられたという杢太郎の生家が当時のままの状態で保存されています(KJ)

底本:「書物の王国13 芸術家」国書刊行会
   1998(平成10)年10月25日初版第1刷発行
底本の親本:「木下杢太郎全集1」岩波書店
   1981(昭和56)年5月
入力:土屋隆
校正:川山隆
2006年12月30日作成
2007年1月28日修正:青空文庫