F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

殺神記 田中貢太郎

tanaka
 唐の開元年中、郭元振かくげんしんしんの国を出てふんの方へ往った。彼は書剣を負うて遊学する曠達こうたつな少年であった。
 ある、宿を取り損ねて日が暮れてしまった。星がまばらに光っていた。路のむこうには真黒な峰が重なり重なりしていた。路は渓川たにがわに沿うていた。遥か下の地の底のような処で水の音が聞えていた。鳥とも蝙蝠こうもりとも判らないようなものが、きい、きい、と鋭い鳴声をしながら、時おり鼻のさきかすめて通った。
 夜霧がひきちぎって投げられたように、ほの白くそこここに流れていた。車のわだちに傷めつけられた路は一条微赤うすあかい線をつけていた。その路は爪さきあがりになっていた。高い林の梢の上にかすかな風の音がしていた。
 路は小さな峰の上へ往った。路の上へ出ると元振はちょっと馬を控えた。黒い山の背がやはり前方むこうの空を支えていた。暗い谷間たにあいの方へ眼をやった時、蛍火のような一個ひとつの微な微な光を見つけた。
「人家だ」
 元振は眼を輝かした。人家ならどうにでも頼んで、一晩泊めて貰おうと思った。
 馬は勾配の緩い路を静かにおりはじめた。今のさきまで人家のある処まで往こうと思って、それがために気を張っていた少年は、人家を見つけると共に疲労を覚えてきた。彼は早くその家に往き着こうと思って馬を急がした。
 支那の里程で三里ばかり往ったところで、目的めあてにして往った明りがすぐ眼の前にきた。そして、人声は聞えないが何か酒宴さかもりでもしているように、へやの中から華やかな燈火の光が漏れていた。
 元振は馬からおりて、それを門口の立木に繋いで門を入った。家の中はしんとして何の音も聞えなかった。元振は入口の戸を静に叩いた。へんじもなければ人の出てくる跫音あしおとも聞えない。で、今度は初めよりも強く力を入れて叩いた。それでも中へ聞えないのか応がなかった。
「もし、もし、お願いいたします」
 元振は声をかけてまた戸を叩いたが、依然として応がないので、彼は中へ入って声をかけるつもりで戸に手をかけてみた。戸はがたがたときしりながら開いた。元振は中へ入った。明るい燈火がその室にもいていたがやはり人はいなかった。
「もし、もし、すこしお願いいたしたいのですが」
 元振は大声をした。それでも応もなければ人の出てきそうな気配もない。元振は首をかしげて考えたが意味が判らなかった。
何人どなたもいらっしゃらないのですか」
 元振はまた言って暫く立っていたが、依然として応がなかった。元振はいつまでも立っている訳にゆかないので、思いきって上へあがった。
 酒宴さかもり準備したくをして数多たくさんの料理を卓の上へ並べた室が見えた。元振はその室の入口へ立って中を窺いた。そこにも人影がなかった。全体こうして酒宴の準備をしておいて、家内の者はどこへ往ったのだろう、ついすると次の室へ集まって、酒宴の前に何か話でもしているかも判らないと思った。彼はその室へ入らずに廊下のような処を通って次の室へ往った。
 力のない声で泣いている泣声が聞えた。元振はちょっと立ちどまって耳を傾げたが、中へ入って容子ようすを訊いてみようと思ったので、入口へ往って戸の隙から窺いた。十五六になる若い女が俯伏しになって泣いていた。
「もし、もし、すこしお願いいたします、私は旅の者ですが」
 元振がこう言ったが、聞えないのか女は顔をあげなかった。元振は女を驚かしては気の毒だと思ったが、思い切って中へ入った。
 女は顔をあげた。顔をあげて元振の方を一目見ると、さも怖ろしそうに顔に袖をあてて体を震わした。
「私は郭元振という者です、宿をとり損ねて日が暮れましたから、是非お宿を拝借しようと思って、門口から声をかけましたけれども、何人だれもいらっしゃらないから、失礼ですがあがってきました」
 女は顔の袖をけて元振の顔を見た。
「お見かけすると、隣の室に酒宴の準備をしてあるようですが、全体どういう事情で、貴女は泣いていらっしゃるのです」
「私は今晩、神様の人身御供ひとみごくうになりますから、それが悲しゅうございます」
 元振は驚いた。
「人身御供、何という神の人身御供になります」
「この村に、烏将軍うしょうぐんという神様がございまして、毎年毎年、女を一人、人身御供にあげております、もし、それをあげないと、村に災難が起ります、私のお父さんは、五百貫の金が欲しさに、私を人身御供の女に売りました、酒宴もその神様にあげるものでございます」
「村の者は皆どうした」
「私をここへ置いてから、皆逃げて帰りました、どうぞ私を助けてくださいませ」
 元振は腰の剣に心を向けた。
「よし、助けてやろう、どんな神か知らないが、人身御供を求めるような神は邪神だ、助けられなかったら、いっしょに死のう」
「どうか、助けてくださいませ」
「その邪神は、いつくる」
夜半比よなかごろにくるということでございます」
「では、運を天にまかして、邪神を待とう、心配しないで、ここに待っていなさるがいい」
 元振は次の室へ往って料理の卓に向い、思うさまにった後で、入口の室へ往って坐っていた。
 
 夜半近くなって元振は入口の戸を開けて外の方を見た。二三本の炬火たいまつけて供をれた牛車が来た。元振は邪神が来たと思ったので室の中へ入って待っていた。入口に数多たくさんな跫音がして、を開けて紫の衣服きものを着た怪しい者が入ってきた。
相公しょうこうがいらっしゃる」
 紫の衣服は外へ出て往った。引き違えて黄色な衣服を着た者が入ってきた。
「相公がいらっしゃる」
 黄色な衣服を着た者もそう言って出て往った。元振は相公と言えば大臣宰相だ、俺が将来さきで宰相にでもなるのかと思って喜んだ。元振の気が引きたってきた。
 扉がまた開いて十人ぐらいの者が入ってきた。冠を着けた逞しい者がその中に交っていた。元振はそれが邪神の烏将軍だろうと思った。邪神らしい者は元振を見た。
「相公は、何故、ここにいらっしゃいます」
「今晩は、目出度い婚礼の酒宴があるということを路で聞いたから来た」
 邪神は喜んだ。
「これはありがたい、では、席に着いて貰おう」
 邪神の一行が酒宴の席へ入ったので元振は後から随いて往った。邪神は自個じぶんの前へ元振をんだ。元振は考えついたことがあった。元振は邪神に向って言った。
「貴郎は、鹿のほしにくをおあがりになりますか」
「鹿の肉は好きだが、この辺は鹿があまりいないから、べられない」
 元振は腰に付けていた糧食べんとうの鹿の脯を出した。
「これは、鹿の脯でございます」
 元振は剣を抜いてその脯を一きれ切って左の手でさしだした。邪神は喜んで片手を出した。脯を載せた元振の手は邪神の手首にまつわり着いた。邪神は驚いて手を引こうとした。元振は剣を閃かして一刀の下に腕の付け根から切り落した。邪神は吼え叫んで逃げた。邪神に随いてきていた者も逃げてしまった。元振は邪神の手を持ったなりに剣を振りかぶっていた。
 切り取った邪神の手は毛の荒い野猪いのししの腕であった。
 
 朝、元振と女が話していると村の人が来た。村の人は女の死骸を収めにきたところであった。村の人は無事な女と元振を見て驚いた。その村の人の眼に野猪の片腕が見えた。
「村の鎮守様だ、神様の手を切るとはひどいことをしたものだ、どんな祟りがあるかも知れん、叩き殺して神様にお詫びをする」
 村の人は口ぐちに怒りだした。
「人身御供をとるような神は邪神だ、天地にれられない大罪だ、その道理が判らないとは、なさけない奴等だ」
 村の人も元振の道理あることばに怒りを収めた。村の人は元振を先頭に立てて、血の滴を随けて二十里ばかりも往った。
 大きな塚穴があって前足の一方を切られた野猪が唸っていた。村の人は塚穴の口で火をいて煙をその中へ入れた。野猪は苦しくなったのか外へ出てきた。待ち構えていた村の人はそれをたおした。
 
 元振は助けた女を伴れて出発した。その元振は後に唐の宰相となった。
幸徳秋水とも交流の深かった田中貢太郎です。
同人誌『博浪沙 月刊随筆』を主宰、弟子や友人に井伏鱒二・尾崎士郎などがいました。
怪談物をとくに蒐集、再著作に努めており、その数は数百篇に及びます。土佐出身らしく「いごっそう」気質(頑固・豪傑) だったという田中は、快刀乱麻のこれらの物語をことに愛したのかもしれません。(KJ)

chu

底本:「中国の怪談(一)」河出文庫、河出書房新社
   1987(昭和62)年5月6日初版発行
底本の親本:「支那怪談全集」桃源社
   1970(昭和45)年11月30日発行
入力:Hiroshi_O
校正:小林繁雄、門田裕志
2003年9月17日作成:青空文庫