F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

燕尾服着初の記 徳富盧花

roka
    (一)

 
 此れは逗子づし浦曲うらわに住む漁師にて候、吾れいまだ天長節外務大臣の夜会てふものを見ず候ほどに、――とのうがゝりの足どり怪しく明治卅二年十一月三日の夕方のそり/\新橋停車場の改札口を出で来れるは、斯く申す小生なり。
 懐中には外務大臣子爵青木周蔵、子爵夫人エリサベツトの名をしよしたる一えふの夜会招待券を後生大事と風呂敷に包みて入れたり。そも此の招待券につきては、待つ間の焦心せうしん、得ての歓喜、紛失の恐れ、掏摸すりの心配は、果たして如何なりけん。貧乏人が一万円の札を手に入れたる時の心地ぞ斯くある可しと思ひぬ。偖招待券は首尾よく手に入りぬ。一難わづかに去りて一難また到る、招待券には明記して曰く、燕尾服着用と。燕尾服、燕尾服、あゝ燕尾服、なんぢ如何いかん。小生の古つゞらにたくはふる処は僅にスコツチの背広が一りやう、其れも九年前にこしらへたれば窮屈なることおびたゞしく、居敷ゐしきのあたり雑巾ざふきんの如くにさゝれて、白昼には市中をあるけぬ代物しろもの。あゝ困つたな、如何したものであらう、損料そんれう出して古着屋から借りるかな、など思うて居る内、燕尾服が無くて困るだろう、少し古いが余計なのが一領ある、貸してあげよう、ついでに着せもしてやらうと青山の兄から牡丹餅ぼたもちの様にうま文言もんごん、偖こそむねで下し、招待券の御伴おともして、逗子より新橋へは来りしなりけり。
 燕尾服の手前もあれば、停車場前の理髪店に飛び込み、早く早くとせき立てながら、髪苅かみかり、髭剃ひげそり、此れならば大丈夫と鏡を見れば、南無三、頭は仏蘭西ふらんす流とやらひたひのあたりだけ長く後短うしろみじかにつまれて、まんまと都風みやこふうになりすましたれど、潮風に染めし顔の何処までも田舎らしきが笑止なる。よし/\、本来の田舎漢ゐなかもの、何ぞ其様な事を気にかいせむや。吾此の大の眼をみはりて帝国ホテルに寄りつどふ限りの淑女紳士をにらみ殺し呉れむず。昔木曾殿どのと云ふ武士もありしを。

 
    (二)
 
 車を飛ばして兄の家に着けば、日暮れたり。其れ夕飯ゆふはんよ、其れ顔洗ふ湯をとれ、と台所をひしめかして、夜会の時間は午後八時、まだ時もあれど用意は早きが宜しと、早速更衣かういにかゝりぬ。
 けいそう阿甥あせい阿姪あてつ、書生など三階総出の舞台の中央にすつくと突立つゝたつ木強漢(むくつけをとこ)。其れ韈(くつした)をお穿きなさい。韈は穿きぬ。今度は糊のごわ/\したる白胸しろむねシヤツを頭からすつぽりかぶされて、ぐわさぐわさと袖を通せば是はしたりそでこぶしを没すること三四寸。
「まあ、如何しませう」
ぬひあげするさ」
「一寸と糸を持つて御出」
 腕を※「宛+りっとう」えぐつて毒箭どくやの毒をぬかせた関羽くわんうもどきに、小生はぽかんと立つてぬつと両手を出して居れば、阿姪あてつが笑ひ/\縫い上げをなし終りぬ。シヤツの肩上げは済みたり。いでカラアの釦鈕ボタンをはめむとするに、手の短いかはりに、くびは大きく、容易にはまらず。幸なるかな、書生君は柔術の達人なれば、片手にのどをしめ、片手にカラアをひいて、頸はやう/\カラアに入りぬ。此間小生は唯運を天に任し、観念のまなこねぶつて、ほふられむとする羊の如くたたずみたり。
 あとはネクタイ、ズボン、胴衣チヨツキ上衣コート、と苦もなく着せられ、白の手套てぶくろは胸のポツケツトに半分出して入れて置くものと教へられて、此れで装束は一先づ成りぬ。
「立派々々、其れ鏡」と見せらるゝ鏡の中を覗けば、あらはれたり一個の紳士、真黒羅紗まつくろらしやの間より雪とかゞやき出でたる白シヤツに赤黒の顔のうつりも怪しく、満面に汗ばみて、のどのあたり赤き擦傷すりきずけだしカラアと咽の合戦の結果)一きは目だち、咽をカラアにしめられてしきりに堅睡かたづをのむ猪首ゐくびのすわり可笑しく、胸をシヤツ胴衣チヨツキせばめられてコルセツトを着けたるやうに呼吸苦しく、全体さながら糊されし様に鯱張しやちばりかへつて、唯真すぐに向を見るのみ、起居たちゐ振舞ふるまひ自由ならざる、如何どうしても明治の木曾殿と云ふ容子ありさま。あゝ如何しても「かりぎ」はまづい、窮屈な燕尾服でつまらぬ夜会とかをのぞかうより、木綿縞もめんじま兵児帯へこおび犬殺いぬころしのステツキをもつて逗子の浜でも散歩した方が似合つて居た、と思うて最早斯うなつてはあとの祭、阿姪あてつ阿甥あせい書生とうの眼を避けて、鏡にそむいてすまし居たり。
 暫くすると、最早時刻だ、出かけようとシルクハツトを持つて、兄が出て来たので、吾も煙突を筒切つゝぎりしたやうにごわ/\したるシルクハツトをのせて、ズボンのちぎれを気にしてやう/\靴をはき終わり、二輌の車はから/\と玄関さきを出でたり。
 
    (三)
 
 二輌の車はいきほひよく走せて、やがて当夜の会場帝国ホテルにつき、電灯花瓦はながす昼をあざむき、紅灯こうとうくうにかゝり、晴がましきこと云ふばかりもなき表門をばぐるりと廻りて、脇門わきもんより入りぬ。去年の混雑にりて、今年は馬車と人車の入口をわかちしなりとぞ。
 外套室クロークルームに外套と帽子シルクハツトを預けて番号札を受取り、右折すれば電灯の光まばゆ大玄関おほげんくわんなり。柱をば杉檜の葉もて包み、大なる紅葉の枝を添へ、壁際かべぎは廊下には菊花壇を作りて紙灯しちやうをともしたるなど、何となく一の菊畑でも見物する心地あり。偖主人の鬼一殿は何処におはすぞと見てあれば、大玄関の真中に、大礼服のよそほひ美々しく、左手ゆんで剣※「木+覊」の「馬」に代えて「月」けんぱを握り、右に胡麻塩ごましほ長髯ちようせんし、いかめしき顔して、眼鏡を光らしつゝたゝずみたまふが、当夜の御亭主青木外務大臣の君なり。相並んで一きは大きく二十四五貫目たしかにかゝりたまふべく思はれて、のさばりかへりて居たまふは、子爵夫人エリサベツトの君。其の側に夫人の小くしたる様なるが、青木令嬢なるべし。吾が近眼にはよくも見えねど、何やらん白繻子しろじゆすやはらかき白毛のふちとりたる服装して、牙柄がへいの扇を持ち、頭のうごく毎にきら/\光るは白光プラチナの飾櫛にや。此の三人を正面にして、少しさがりて左手ゆんでには一様に薄色うすいろ裾模様すそもようの三枚がさね、繻珍しゆちんの丸帯、髪はおそろひ丸髷まるまげ、絹足袋に麻裏あさうらと云ふいでたちの淑女四五人ずらりと立ち列ぶは外交官の夫人達。此方こなた紅菊くれなゐぎく徽章きしようつけし愛嬌あいけう沢山の紳士達の忙しげなるは接待係の外交官なるべし。
 く眺め候ふほどに、先入の客は何れも亭主の大臣夫婦に会釈しはてゝのきたれば、今は小生の順番となりぬ。まづ丹田たんでんに落つけ、ふるふ足を踏しめ、づか/\と青木子の面前にすゝみ出でゝ怪しき目礼すれば、大臣は眼鏡の上よりぢろりと一べつ、むつとしたる顔付にて答礼したまふ。次に夫人令嬢を一括して目礼すれば、夫人は怪訝けげんの眼をみはりて、ぢろりと睨みまふ。きもやしてそこそこに片寄り、群衆の中に立まじりて、玄関に入り来る人々を眺むるに、何れも/\先づ子爵夫人に会釈して然る後主人に会釈す。しくじつたり、吾は何気なく主人を先にしたるが、此処は夜会の場、例の男尊女卑は大禁物だいきんもつ、殊に青木子は済まなかつた、と思うても下司げすの智慧はあとで、後悔はさきに立たず。今宵こよひの失策のしめと、独あたまかく/\猶も入り来る人々を眺め居たり。
 流れ入る客はしばらくもとゞまらず。夫妻連れの洋人、赤套レツドコートの英国士官、丸髷まるまげ束髪そくはつ御同伴の燕尾服、勲章まばゆき陸海軍武官、商人顔あり、議員づらあり。都貌みやこがほあり、田舎相ゐなかがほあり、ひげあり、無髯あり、場馴れしあり、まごつくあり、親しきは亭主夫婦と握手して、微笑してかはす両三言、さもなきは小生と同様すましかへつた一点頭てんとう、内閣大臣、外国公使等身分高きは右なる特別室に、余は左なる喫煙室婦人室にそれ/″\入り行く。
 たちまち青木外相夫婦及び令嬢が、ずうと玄関の入口まで出で行くを何事と眺むれば、閑院宮かんゐんのみや同妃殿下の来りたまへるなり。群衆はさつと道を開きぬ。外相は桃紅色とうこうしよくの洋服を召したまへる妃殿下をたすけて、先に立ち、宮殿下はエリサベツト夫人と相携あひたづさへて、特別休憩室に入りたまひぬ。やがて有栖川宮ありすがわのみや同妃殿下、山階宮やましなのみや同妃殿下も来たまひぬ。新に入り来る客は漸くまれになりて、つどへる客は彼処に一団、此処に一くわい、寄りて話し離れて歩む。彼処に大きな坊ちやまの如くにこ/\笑ひながら話すは、大山参謀総長なり。此処にまゆひそめて語るは児島惟謙こじまゐけん氏なり。顔も太く、腹も太く、きも太く、のそり/\と眼をあげて見廻すは大倉喜八郎氏なり。黄海の勇将は西比利亜さいべりあの横断者と話し、議員の勇士は学界の俊秀と語る、何処を見ても名士の顔揃かほぞろひ、日本の機関を動かす脳髄は大抵此処に集まつて居ると思へば、彼処の話も聞いて見たく、此処の顔ものぞきたく、身は一つ心は千々に走せまはつて、匆々そう/\忙々ばう/\と茫然自失する折から人ををどり立たす様な奏楽そうがくの音起つて、舞踏室の戸は左右に開かれぬ。
 
    (四)
 
 洋々たる奏楽の音起ると共に、外相は有栖川宮妃殿下を扶け、有栖川宮殿下はエリサベツト夫人と相挈あひたづさへ、其の他やんごとなき方々香水のかをりを四方にくんじつゝ、舞踏室に入りたまひぬ。其のあとより舞踏手と見物と吾れさきに進み入る。余はもとより舞踏なんど洒落しやれた事には縁遠き男なれど、せめて所謂いはゆるウオールフラワアの一人ともなりて花舞ひ蝶躍る珍しきさまを見て未代までの語り草にせばやと、人の背後よりのそ/\舞踏室に入りたり。
 此処は帝国ホテル随一の大広間ホール。正面には緑葉りよくえふに「聖壽萬歳せいじゆばんざい」と白く菊花にてぬきたる大額をかゝげ、天井には隙間すきまもなく列国旗を掛けて、五色のアーク灯の光もあやに、床は鏡の如く磨きたればきら/\しく照り渡りて、燕尾服、桃紅色服ときいろふく、水色服、扇影せんえい簪光参差さんくわうしんしとして床の上に落ち散りたり。氷よりも滑かなる床のすべり易きに、吾は小心翼々としてぬき足さし足一分刻みに歩みつゝ、壁際に置かれたるソフアのあたりに立ちて見る。はや「カドリル」ははじまりて、聞くだにも吾足のひよこ/\浮き立つ陽気の調しらべにつれて、幾組の和洋男女は規則正しく一歩々々歩み出でては、また一歩々々歩み帰る。やがては入れ乱れ、入れちがへ、手をとり、くゞり、寄り、離れ、コムビネーシヨンの妙を極む。「ワルス」はあまり気にくはねど、「ポルカ」「ガロツプ」「ランセース」いづれもさら/\と元気よく、をどりにしても体操にしても極めて面白く思はれたり。数番の舞踏済みて、ひたひに加ふる白手巾ハンケチ、胸のあたりにひらめく扇、出でゝラムネを飲むあれば、彼方此方と巡廻へめぐりて、次の番組の相手を求むあり。きちようめんなる山県やまがた首相は閑院宮殿下、有栖川宮殿下と立ちながら何か話せば「聖壽萬歳」の額の下なるソフアには各妃殿下花の如くに坐して外国使臣の夫人なんどの挨拶に答へたまふ。時計のくさり繻珍しゆちんの帯の上に閃かしたるちゞれ毛の束髪の顔は醜くたけひくき夫人の六尺近き燕尾服の良人の面仰ぎつゝ何やらん甘へたる調子にて物尋ねらるゝ、曙染あけぼのそめ振袖ふりそで丈長たけながのいとしろ緑鬢りよくびんにうつりたる二八ばかりの令嬢の姉なる人の袖に隠れて物馴れたる男のものいふに言葉はなくて辞儀ばかりせられたる、蓄音機と速撮はやどり写真としき事のみ多し。斯る間を主人の外相の足にまつはる剣をうるさげに左手ゆんでに握りて、眼鏡の顔を少し仰むけ、あちこち行きかへりして心つけらるゝ御苦労千万――思へば外務大臣にも減多になれぬものなり。
 室内の温気うんきの耐へ難きに、吾はそつと此処を滑り出でゝ喫煙室の方に行きぬ。婦人室の前を過ぐる時、不図ふと室内を見入れたれば、寂々せき/\たる室の一隅の暖炉をようし首をあつめて物語る二人の美人。よくよく見れば、伊東巳代治みよぢの君と岡崎邦輔の君となり。何れ劣らぬ梅桜、世にもしほらしき人達にておはせば、婦人室は尤も似つかはしく、何事をか語らひて居たまひけん。其は知らねど、政治小説でも書く人ならば、見※「二点しんにょう+官」のがすまじきシーンなるべしと思ひたりき。
 喫煙室には煙草の煙の間に、談話湧き、人顔おぼろに見え、テーブルの上には錦手にしきての皿にまき羊羹ようかんの様なるものを積みたり。先刻より空腹に、好物のまき羊羹を見てのんどしきりに鳴る。一つつまんで見てあつと心に叫びぬ。南無三、此は葉巻だ、喫煙室に葉巻の接待はさうあるべき筈。君子は義をさと下戸げこは甘きにさとる、偖こそ御里があらはれたれ、眼が近いに気が遠いと来て居るので、すんでの事に葉巻を一口に頬張ほゝばつて、まんまと耻を帝国ホテルにさらす所だつた。誰か気づきはしなかつたかと恐々こは/″\ながら見廻せば、そんな様子もなし、あゝ危いかな、君子危きに近寄らず、こんな所は早く出るに若かずとそこ/\に喫煙室を廊下に出る時、はたと行き逢ひたる二人の一人は目から鼻へぬける様な通人の林田翰長かんちやう、半面のしきもあればと一礼するに、何しに来たと云ふ様な冷瞥れいべつを頭からあびせられ、そこ/\に退陣しつ。今一人の薄汚なき小男を後にて聞けば、失敬な世に安伴あんばんと呼ばれて中々なか/\あまくない精悍せいかん機敏きびんの局長なりけり。
 左る程に舞踏の五番済みて、立食のだう開かれたれば、衆賓しゆうひん吾も/\と急ぎ行く。吾もつゞいて入るに、こゝは此度新に建てし長方形の仮屋かりやにて二列にテーブルを据ゑ、菓子のたふ柿林檎の山、小豚の丸煮まるに、魚、鳥の丸煮など、かず/\の珍味を並べ、テーブルの向ふには給仕ありて、客の為に皿を渡し、物を盛る。吾は皿とナイフ、フオクを受取りておづ/\小豚を襲ひたれども、かはかたうして素人しろうとの手に刻まれねば、給仕を頼みて切りて貰ひ、片隅に割拠かつきよし、食ひつゝ四方を見るに、丸髷まるまげの夫人大口開いて焼鳥を召し、金縁きんぶち眼鏡の紳士林檎柿など山の如く盛りたる皿を小脇こわきにかゝへて「分捕々々ぶんどり/\」と駆けて来たまふなど、ポンチの材料も少からず。中にも面白きは清国人しんこくじんの何れの身分ある人物にや、緞子どんすの服の美々しきが、一大皿だいへいを片手に、片手はナイフ、フオクを握りて、魚と云はず、鳥と云はず片端よりりては載せ、截りては載せ、こゝを先途せんどとまづたくはへたまひけるが、何れの武官にやそゝくさ此方へ来らるゝ拍子ひやうしに清人の手にせし皿をなゝめめにし、鳥飛んで空にあり、魚ゆかに躍り、折角の赤筋入りたるズボンをあたらだいなしにして呆然ばうぜんとしたまひし此方には、くだん清人しんじんしき事しつと云ひ顔にあわてゝ床のうへなるものをさじもてすくひて皿にかへされたるなど、其の国の気風性癖せいへきも見えて面白かりき。
 食堂を出でゝ、再び舞踏室に入る。夜は漸く深けて興いよ/\深し。ワルスの調しらべ面白く、吾も内々ない/\靴のかゝとを上げ下げして、今にも踊り出さうになりぬ。忽ち場内のわあつと騒ぎ立ちて、どうおとするを見れば、斯は如何に紅色くれなゐの洋装婦人と踊り狂へる六尺ゆたかの洋人の其の鼻もつととびに似たるが、床の滑かなるに足踏み辷らして、大山のくづるゝ如く倒れしなりけり。洋装婦人の顔は着たる衣の其れよりもくれなゐになりぬ。倒れし男はそこ/\に舞踏室を逃げ出したり。
 成程花は半開、興は八分、あまりに狂へばあやまちに終る、最早夜も一時を過ぎて、宮家の方々も帰りたまひぬ。さき程よりストオヴの暖気、ヴアイオレツトのかほり嬌紅けうこう艶紫えんしの衣の色、指環ゆびわ腕環うでわの金玉の光、美人(と云はむはいつはりなるべし、余は不幸にして唯一人も美人をば夜会の席に見る能はざりければ)の微笑、勲章大礼服の閃き、などに射られて少々逆上のぼせ気味の、長座せばいよ/\のぼせて、木曾殿も都化みやこくわして布衣ほいを誇る身の万一人爵じんしやく崇拝と宗旨変しゆうしかへでもしては大変、最早こゝらが切り上げ時と、先刻よりはなればなれになりし兄を尋ぬるに、これはずるい、いつかさつさとお帰りになつて居る。
 おくれたり、と玄関に走せ出で、やつと車を見出して、急げ/\と車夫を急がし、卅分後に兄に窮屈千万なる「余が最初の燕尾服」を脱ぎぬ。

明治元年10月25日生まれ、熊本県は水俣市出身の作家です。
兄で思想家・ジャーナリストの徳富蘇峰も有名ですが、国家主義的傾向を強める兄とは次第に不仲となり、1903年(明治36年)に蘇峰への「告別の辞」を発表してのちは絶縁状態になりました。亡くなる前に和解を果たしています。
トルストイに傾倒したことはつとに有名ですが、後年、夫人とともにトルストイの住む村を訪れ、トルストイと会見しています。そのときの記録『順礼紀行』は、オスマン帝国治下のエルサレム訪問記も含めて、貴重な記録となりました。
この随筆では、燕尾服をめぐる騒動がユーモラスに描かれています。明治という時代、西洋を象徴する燕尾服への蘇峰の思いが滲むような名文です。
熊本県水俣市には「徳富蘇峰・蘆花生家」、熊本市には「徳冨記念園」、群馬県渋川市に「徳冨蘆花記念文学館」があります。(KJ)

底本:「日本の名随筆 別巻75 紳士」作品社
   1997(平成9)年5月25日第1刷発行
底本の親本:「蘆花全集 第三巻」蘆花全集刊行会
   1929(昭和4)年2月
入力:浦山 敦子
校正:noriko saito
2009年6月18日作成:青空文庫