F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

お月さまいくつ 北原白秋

hakusyu
つきさまいくつ。
十三じふさんななつ。
まだとしわかいな。
あのんで、
このんで、
だアれにかしよ。
まんかしよ。
まん何処どこた。
あぶらひにちやひに。
油屋あぶらやえんで、
こほりつて、
あぶらしようこぼした。
そのあぶらどうした。
太郎たろうどんのいぬ
次郎じらうどんのいぬと、
みんなめてしまつた。
そのいぬどうした。
太鼓たいこつて、
あつちのはうでもどんどんどん。
こつちのはうでもどんどんどん。(東京)

 この「お月さまいくつ」のうたは、みなさんがよく御存じです。私たちも子供の時は、よくあかまるいお月様を拝みに出ては、いつも手拍子をうつては歌つたものでした。この童謡は国国くにぐに色色いろいろと歌ひくづされてゐます。しかし、みんなあのあかい円いつやつやしたお月様を、若い綺麗きれい小母をばさまだと思つてゐます。まつたくさう思へますものね。

つきさんぽつち。
あなたはいくつ。
十三じふさんななつ。
そりやまだわかいに。
紅鉄漿べにかねつけて、
嫁入よめいりなされ。(伊勢)
   ◆
ののさまどつち。
いばらのかげで、
ねんねをいて、
はなつんでござれ。(越後)
   ◆
あとさんいくつ。
十三じふさんひとつ。
まだとしわかいの。
今度こんどきやうのぼつて、
わらはかまつてしよ。(紀伊)
   ◆
つきさんいくつ。
十三じふさんななつ。
まだとしわかい。
七折ななをりせて、
おんどきよへのぼしよ。
おんどきよのみちで、
のないとりと、
のあるとりと、
けいつちいや、あら、
きいようようといたとさ。(伊勢)
  「おんどきよへ」とは、「今度こんどきやうへ」といふのがなまつたのです。
   ◆
つきさまいくつ。
十三じふさんななつ。
そりやちとわかいに。
御堂みだうみづを、
どうどともに。(美濃)
   ◆
つきさま。おとしはいくつ。
十三じふさんななつ。
わかいことや。
うまつて、
ジヤンコジヤンコとおいで。(尾張)

 かういふふうに、「そりやまだわかいに。」と、みんな歌つてゐるから面白いのです。京へのぼつたり、べにかねつけたり、お嫁入りしたり、赤ん坊を生んだりしてゐます。お馬のジヤンコジヤンコもおもしろいでせう。それにまた、「そりやまだわかい。若船わかぶねつて、からまでわたれ。」(紀伊)といふのもあります。それから少し変つてゐるのに、一寸ちよつと西洋せいやうの童謡見たやうなのがあります。それは珍らしいものです。

月様つきさまいくつ。
十三じふさんななつ。
まだとしわかいど。
月様つきさまあとへ、
いちやつけ和尚をしやうが、
滑橋すべりばしをかけて、
月様つきさまをがむとて、
ずるずるすべつた。(下総)

 これは、空のけしきが其のままに歌はれてゐます。小さい和尚さんは白い星かうすい霧のやうな星の雲かでせう。滑橋すべりばしもさうした雲のながれでせう。天の川のやうな。ずるずる滑るところがをかしいではありませんか。
 それから、その綺麗きれいな若いお月様の小母さまに、みんながおまんまを見せびらかしたり、またいろんなものをせびつたりします。やはり子供の小母さまですから。

月様つきさま
観音堂くわんのんだうりて、
まんまがれ。
まんまはいやいや。
あんもなら三つくりよ。(信濃)
   ◆
月様つきさま。お月様つきさま
あかまんまいやいや。
しろまんまいやいや。
銭形ぜにがた金形かねがたついた
まもりくんさんしよ。(岩代)
   ◆
あとさん。なんまいだ。
ぜぜ一もんおくれ。
あぶらつてしんじよ。(肥前)
   ◆
どうでやさん。どうでやさん。
あか衣服べべくだんせ。
しろ衣服べべくだんせ。(陸中)

 そのお月様は、あかいのに桃色だと云つたとて、プリプリ怒つたのもあります。

月様つきさま桃色ももいろ
だれつた。
海女あまうた。
海女あまくちひきさけ。(尾張)

 それから、

大事だいじなおつきさま、
くもめがかくす。
とてもかくすなら、
金屏風きんびやうぶでかくせ。(東京)

 といふのがありませう。ほんとに金屏風でなくては、あの若い小母さまには似合はないでせうね。いかにも昔のお江戸の子供が謡つたやうでせう。気象きしやうが大きくておほまかで、はりがあつて、派出はでで。
うさぎうさぎ」といふのも御存じでせうね。

うさぎ。うさぎ。
なにねる。
十五夜じふごやつきさま
ねる。ピヨン/\。

 ほんとに、お月夜の兎のよろこびと云つたらありません。両耳を立てて、草の香の深い中から、ピヨン/\と跳ねて飛んで出る、あの白い綿のやうな兎さんもかはいいものです。それにしても、あのまアるいお月さまの中には、いつも兎がきねをもつて餅をいてゐる筈でしたね。

北原白秋:1885年(明治18年)1月25日 – 1942年(昭和17年)11月2日)
活躍した時代が「白露時代」と呼ばれる、近代日本を代表する詩人、童謡作家、歌人です。
本名は北原隆吉といい、熊本県南関町で生まれました。福岡県の柳川で育った彼は、裕福な商家のおぼっちゃまです。
さて、この白秋の随筆は、江戸時代からうたい継がれたわらべ歌に対する考察です。同じわらべ歌が、バリエーションによってこうまでも豊かに変化することを、詩人の温かい筆で愉快に綴った名随筆といっていいでしょう。
最近ひじょうに話題になっている講談社アフタヌーン連載の『月に吠えらんねぇ:清家雪子』でも主要人物となっている白秋。これを機会に彼の残したたくさんの詩や歌に触れてみるのはいかがでしょう。そうそう、月は「新月(朔・さく)から次の新月までを一日単位で数え、その日数によって月の満ち欠けの度合を表わすもの『日本国語大辞典』」でもあるのです。
さて、今宵のお月さまは、いくつ?(KJ)

底本:「日本の名随筆58 月」作品社
   1987(昭和62)年8月25日第1刷発行
底本の親本:「北原白秋全集 第一六巻」岩波書店
   1985(昭和60)年6月
入力:土屋隆
校正:門田裕志
2006年9月21日作成:青空文庫