F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

変な音 夏目漱石

souseki

 
 うとうとしたと思ううちに眼がめた。すると、隣のへやで妙な音がする。始めは何の音ともまたどこから来るとも判然はっきりした見当けんとうがつかなかったが、聞いているうちに、だんだん耳の中へまとまった観念ができてきた。何でも山葵わさびおろしで大根だいこかなにかをごそごそっているに違ない。自分はたしかにそうだと思った。それにしても今頃何の必要があって、隣りの室で大根おろしをこしらえているのだか想像がつかない。
 いい忘れたがここは病院である。まかないはるか半町も離れた二階下の台所に行かなければ一人もいない。病室では炊事割烹すいじかっぽうは無論菓子さえ禁じられている。まして時ならぬ今時分いまじぶん何しに大根だいこおろしをこしらえよう。これはきっと別の音が大根おろしのように自分に聞えるのにきまっていると、すぐ心のうちさとったようなものの、さてそれならはたしてどこからどうして出るのだろうと考えるとやッぱり分らない。
 自分は分らないなりにして、もう少し意味のある事に自分の頭を使おうと試みた。けれども一度耳についたこの不可思議な音は、それが続いて自分の鼓膜こまくに訴える限り、妙に神経にたたって、どうしても忘れる訳に行かなかった。あたりはしんとして静かである。このむねに不自由な身を託した患者は申し合せたように黙っている。寝ているのか、考えているのか話をするものは一人もない。廊下を歩く看護婦の上草履うわぞうりの音さえ聞えない。その中にこのごしごしと物をり減らすようなな響だけが気になった。
 自分のへやはもと特等として二間ふたまつづきに作られたのを病院の都合で一つずつに分けたものだから、火鉢ひばちなどの置いてある副室の方は、普通の壁が隣の境になっているが、寝床の敷いてある六畳の方になると、東側に六尺の袋戸棚ふくろとだながあって、そのわき芭蕉布ばしょうふふすまですぐ隣へ往来ゆきかよいができるようになっている。この一枚の仕切をがらりと開けさえすれば、隣室で何をしているかはたやすく分るけれども、他人に対してそれほどの無礼をあえてするほど大事な音でないのは無論である。折から暑さに向う時節であったから縁側えんがわは常に明け放したままであった。縁側はもとよりむねいっぱい細長く続いている。けれども患者が縁端えんばたへ出て互を見透みとおす不都合を避けるため、わざと二部屋毎に開き戸を設けて御互の関とした。それは板の上へ細いさんを十文字に渡した洒落しゃれたもので、小使が毎朝拭掃除ふきそうじをするときには、下からかぎを持って来て、一々この戸を開けて行くのが例になっていた。自分は立って敷居の上に立った。かの音はこの妻戸つまどうしろから出るようである。戸の下は二寸ほどいていたがそこには何も見えなかった。
 この音はそのもよく繰返くりかえされた。ある時は五六分続いて自分の聴神経を刺激する事もあったし、またある時はそのなかばにも至らないでぱたりとやんでしまう折もあった。けれどもその何であるかは、ついに知る機会なく過ぎた。病人は静かな男であったが、折々夜半よなかに看護婦を小さい声で起していた。看護婦がまた殊勝しゅしょうな女で小さい声で一度か二度呼ばれると快よいやさしい「はい」と云う受け答えをして、すぐ起きた。そうして患者のために何かしている様子であった。
 ある日回診の番が隣へ廻ってきたとき、いつもよりはだいぶ手間がかかると思っていると、やがて低い話し声が聞え出した。それが二三人で持ち合ってなかなか捗取はかどらないような湿しめを帯びていた。やがて医者の声で、どうせ、そう急には御癒おなおりにはなりますまいからと云った言葉だけが判然はっきり聞えた。それから二三日して、かの患者の室にこそこそ出入ではいりする人の気色けしきがしたが、いずれもおのれの活動する立居たちいを病人に遠慮するように、ひそやかにふるまっていたと思ったら、病人自身も影のごとくいつの間にかどこかへ行ってしまった。そうしてそのあとへはすぐあくる日から新しい患者が入って、入口の柱に白く名前を書いた黒塗の札が懸易かけかえられた。例のごしごし云う妙な音はとうとう見極みきわめる事ができないうちに病人は退院してしまったのである。そのうち自分も退院した。そうして、かの音に対する好奇の念はそれぎり消えてしまった。
 
 

 
 三カ月ばかりして自分はまた同じ病院に入った。へやは前のと番号が一つ違うだけで、つまりその西隣であった。壁一重ひとえへだてた昔の住居すまいには誰がいるのだろうと思って注意して見ると、終日かたりと云う音もしない。いていたのである。もう一つ先がすなわち例の異様の音の出た所であるが、ここには今誰がいるのだか分らなかった。自分はそののち受けた身体からだの変化のあまりはげしいのと、その劇しさが頭に映って、この間からの過去の影に与えられた動揺が、絶えず現在に向って波紋を伝えるのとで、山葵わさびおろしの事などはとんと思い出す暇もなかった。それよりはむしろ自分に近い運命を持った在院の患者の経過の方が気にかかった。看護婦に一等の病人は何人いるのかと聞くと、三人だけだと答えた。重いのかと聞くと重そうですと云う。それから一日二日して自分はその三人の病症を看護婦からたしかめた。一人は食道癌しょくどうがんであった。一人は胃癌いがんであった、残る一人は胃潰瘍いかいようであった。みんな長くは持たない人ばかりだそうですと看護婦は彼らの運命を一纏ひとまとめに予言した。
 自分は縁側えんがわに置いたベゴニアの小さな花を見暮らした。実は菊を買うはずのところを、植木屋が十六貫だと云うので、五貫に負けろと値切っても相談にならなかったので、帰りに、じゃ六貫やるから負けろと云ってもやっぱり負けなかった、今年は水で菊が高いのだと説明した、ベゴニアを持って来た人の話を思い出して、にぎやかな通りの縁日の夜景を頭の中にえがきなどして見た。
 やがて食道癌の男が退院した。胃癌の人は死ぬのはあきらめさえすれば何でもないと云って美しく死んだ。潰瘍の人はだんだん悪くなった。夜半よなかに眼をさますと、時々東のはずれで、付添つきそいのものが氷をくだく音がした。その音がやむと同時に病人は死んだ。自分は日記に書き込んだ。――「三人のうち二人死んで自分だけ残ったから、死んだ人に対して残っているのが気の毒のような気がする。あの病人は嘔気はきけがあって、向うの端からこっちのはてまで響くような声を出して始終しじゅうげえげえ吐いていたが、この二三日それがぴたりと聞えなくなったので、だいぶ落ちついてまあ結構だと思ったら、実は疲労のきょく声を出す元気を失ったのだと知れた。」
 そののち患者は入れ代り立ち代り出たり入ったりした。自分の病気は日を積むにしたがってしだいに快方に向った。しまいには上草履うわぞうり穿いて広い廊下をあちこち散歩し始めた。その時ふとした事から、偶然ある附添の看護婦と口をくようになった。暖かい日の午過ひるすぎ食後の運動がてら水仙の水をえてやろうと思って洗面所へ出て、水道のせんねじっていると、その看護婦が受持のへやの茶器を洗いに来て、例の通り挨拶あいさつをしながら、しばらく自分の手にした朱泥しゅでいはちと、その中に盛り上げられたようにふくれて見える珠根たまねを眺めていたが、やがてその眼を自分の横顔に移して、この前御入院の時よりもうずっと御顔色が好くなりましたねと、三カ月前の自分と今の自分を比較したような批評をした。
「この前って、あの時分君もやはり附添でここに来ていたのかい」
「ええつい御隣でした。しばらく○○さんの所におりましたが御存じはなかったかも知れません」
 ○○さんと云うと例の変な音をさせた方の東隣である。自分は看護婦を見て、これがあの時夜半よなかに呼ばれると、「はい」という優しい返事をして起き上った女かと思うと、少し驚かずにはいられなかった。けれども、その頃自分の神経をあのくらい刺激した音の原因については別に聞く気も起らなかった。で、ああそうかと云ったなり朱泥の鉢をいていた。すると女が突然少し改まった調子でこんな事を云った。
「あの頃あなたの御室で時々変な音が致しましたが……」
 自分は不意に逆襲を受けた人のように、看護婦を見た。看護婦は続けて云った。
「毎朝六時頃になるときっとするように思いましたが」
「うん、あれか」と自分は思い出したようについ大きな声を出した。「あれはね、自働革砥オートストロップの音だ。毎朝ひげるんでね、安全髪剃あんぜんかみそり革砥かわどへかけてぐのだよ。今でもやってる。うそだと思うなら来て御覧」
 看護婦はただへええと云った。だんだん聞いて見ると、○○さんと云う患者は、ひどくその革砥の音を気にして、あれは何の音だ何の音だと看護婦に質問したのだそうである。看護婦がどうも分らないと答えると、隣の人はだいぶんいので朝起きるすぐと、運動をする、その器械の音なんじゃないかうらやましいなと何遍なんべんも繰り返したと云う話である。
「そりゃ好いが御前の方の音は何だい」
「御前の方の音って?」
「そらよく大根だいこをおろすような妙な音がしたじゃないか」
「ええあれですか。あれは胡瓜きゅうりったんです。患者さんが足がほてって仕方がない、胡瓜のつゆで冷してくれとおっしゃるもんですからわたし始終しじゅう擦って上げました」
「じゃやっぱり大根おろしの音なんだね」
「ええ」
「そうかそれでようやく分った。――いったい○○さんの病気は何だい」
直腸癌ちょくちょうがんです」
「じゃとてもむずかしいんだね」
「ええもうとうに。ここを退院なさるとじきでした、御亡おなくなりになったのは」
 自分は黙然もくねんとしてわがへやに帰った。そうして胡瓜きゅうりの音でひとらして死んだ男と、革砥かわどの音をうらやましがらせてくなった人との相違を心の中で思い比べた。
熊本と縁の深い、夏目漱石です。
この短い小説は、死を目の当たりにした人間の心持が克明に浮かび上がっています。些細な音を気にする二人の男の差異は、読む我々に彼らの心持の違いを嫌でも想像させるものです。あえて上下と区切られたこの話の構成は、物事を明快に切り分けて分析的であった漱石らしさが溢れ出すようです(KJ)

底本:「夏目漱石全集10」ちくま文庫、筑摩書房
   1988(昭和63)年7月26日第1刷発行
底本の親本:「筑摩全集類聚版夏目漱石全集」筑摩書房
   1971(昭和46)年4月~1972(昭和47)年1月
入力:柴田卓治
校正:大野晋
1999年5月12日公開
2011年6月3日修正:青空文庫