F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

空色の地図
~台湾編~11
九份
久路

tea_taiwan2

 車が着いたのは、坂の上だった。待ち合わせの時間を確認し、車を降りる。晴天。見晴らしも良いし、何より台北市内よりいくらか涼しいのが有り難い。
 九份は台湾北部の山あいにある小さな町だ。台北から車で一時間と少し。山道をくねくねと走り到着したそこは、昔は鉱山として栄え、今は観光地として台湾有数の人気を誇っていた。なるほど、平日の午前中にも関わらず観光客が既に沢山見受けられる。雨が多いと聞いていたが、幸運にもこの日は綿雲の欠片が浮かんでいるだけで、雨の気配は欠片も感じられない。代わりに容赦ない日光が降り注ぐ中、私は目的地へと足を向けた。
 地図が描かれた大きな案内板の脇を通り、人の流れる方へついて行く。ほどなくしてアーケードがあらわれた。土産物や軽食、九份名物の芋圓屋台などがひしめいている。一時間のドライブで喉が渇いていた私は、かき氷を浮かべた芋圓を食べる事にした。初めて食べた芋圓のやさしい甘さは、私の好物のひとつとなった。
 土産物屋をひやかしながら歩いていると、屋台と屋台の切れ間に細い路地を見付けた。街中にあればうっかり通り過ぎてしまいそうなこの道こそが、映画などでも有名なあの「石の階段」だ。
 ひしめいていた店が途切れ、長い石段が山の中腹までずらりと続く。赤い提灯が道の両脇をかざり、急斜面には張り出るように「茶藝館」と呼ばれる台湾茶の店が建ちならんでいた。
 さほど広くない石の階段は、向こうの海まで続いているように見えて、僅かにうねりながら下へと続く。三人並ぶと窮屈な石段を、ひっきりなしに人が行き来していた。こちらでカメラを構える親子もいれば、あちらでは地面にイーゼルをたて絵を描いている人も居た。それに混じって時折猫も行き来する。首輪をしていない彼らは忙しない往来を横目にくつろぎ、顔を洗う。優雅に寝転ぶ猫の脇を通り、私はゆっくりと階段を下った。
 昼を過ぎると、石段にはいっそう人があふれた。カメラを構えるのもままならない混雑を避けて、目についた茶藝館に入る。趣のある木造の店内はアンティークを思わせる間仕切りで区切られており、心地よい風を通す造りになっていた。
 席にある囲炉裏形のコンロを使い、目の前で湯を湧かすのがこの店の淹れ方らしい。見慣れない茶具が運ばれてくるが、店員が日本語で丁寧に淹れ方を教えてくれた。一煎めはやってもらい、二煎めから見よう見まねで淹れてみる。沢山種類のある中から私が選んだのは、東方美人茶だ。ふくよかな香りと口に含むとひろがる甘さの印象的な、すっきりとしたお茶で、疲れた体にじわりとしみこむようだった。レトロな扇風機が空気をかきまぜる店内は、表の喧噪とは別の時間が流れているようで、ひどく居心地が良い。
 ふわあ、とさっき石段で見かけた猫のような欠伸をひとつ。待ち合わせまでは少し早いことだし、しばらくここで一服させて頂こう。鉄瓶で湧く湯の音を楽しみながら、私は三煎めを茶碗に注いだ。たちのぼる茶の香りは甘く、じわりとしみ入るようだった。

curo_profile_2

久路 (curo)大阪生まれ兵庫育ち。

美味しい食べ物に出会うと生きてて良かったとしみじみするこの頃。