F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

空色の地図
~ロンドン編~8
フィッシュアンドチップス
久路

cafe2

 ロンドンを訪れると、必ずと言って良いほど食べるフィッシュアンドチップス。なぜならロンドンでは数少ない「はずさない」メニューだからだ。初めてロンドンに行く人には、困ったらフィッシュアンドチップスをオーダーするように勧めている。白身魚のフライにポテト。衣の種類によっては多少の好き嫌いがあるかもしれないが、おおむねどこで食べても美味しい。ただひとつ気をつけるとすれば、忘れずにディップ用のソースを貰うこと。たいていの店では全く味付けをしないで提供するので(塩こしょうすらしていない!)、カウンターやテーブルにある塩とビネガーを振りかけて食べることになるのだが、正直途中で飽きてしまう。皿からはみ出すほどのフライは、大人が両手を広げても、まだ足りないくらいに大きい。塩とビネガー、レモンで乗り切るには、少々難しい大きさだ。最初から添えてくれる店もあるが、たいていは注文しないとソースをもらえない。ここはディップで味の変化をつけて楽しみたいところだ。
 日本で最も有名なイギリス人シェフ、ジェイミーオリバーお勧めだというフィッシュアンドチップスの店は、注文の都度揚げるフライが美味しいと評判だ。小さいサイズを選んだが、それでも皿から熱々のフライがはみ出している。天気が良いので外のテーブルで食べることにした私は、勿論タルタルソースとケチャップのディップを貰うことも忘れない。塩とビネガーを振ってひとくちの大きさに切り分ける。サク、と小気味よい音にいやが上にも期待がつのった。フォークの上でほろほろと崩れる白身を慌ててほおばると、香ばしさが口いっぱいにひろがる。日本だとあまり食べない白身魚のフライが、ロンドンにくるとどうしてこうも美味しく感じられるのだろうか。
 付け合わせのポテトも平らげて満たされた後は、近くのポートベローマーケットまで散策だ。ヨーロッパ最大級の骨董市と言われるだけあって、ゆるやかな坂道沿いにずらりとストールが並んでいる。アンティークの懐中時計や服にはじまり、花や野菜を売っている屋台もある。観光客だけでなく、地元の人も多く訪れているようだ。歩き疲れたころに、ちょうどオープンカフェが目についたのでそこで紅茶をオーダーした。大きな木の下のテーブルがみるからに涼しげで、やはりここでもテラス席で休ませて貰うことにする。
 日本にもチェーン店があるそのコーヒーショップは、見ると殆どの人がコーヒーを飲んでいる。なるほど、イギリス人は家で紅茶を、外ではコーヒーを飲むと聞いたが本当なのだな、と納得する風景だ。ほどなくして大小の紙コップがふたつと、ティーバッグが載ったトレイが手渡された。見ると大きいコップにはお湯、小さいコップにはミルクがなみなみと注がれている。さすがはロンドン。木漏れ日の踊るテーブルでいただく紅茶は、とびきり美味しい一杯だった。

curo_profile_2

久路 (curo)大阪生まれ兵庫育ち。

美味しい食べ物に出会うと生きてて良かったとしみじみするこの頃。