F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

空色の地図
~ロンドン編~7
ロンドンの建物
久路

london_tatemono

 小学3年生のころだろうか、ご多分に漏れず私はシャーロック・ホームズの虜になった。学校の図書室でシリーズ作品を読み、近くの図書館では少年探偵ものを借りた。インターネットも無く今ほど情報が豊富でない時代、本の中に描かれるロンドンはどこか薄暗く、常に霧がたちこめる街だった。一頭立ての辻馬車を『ハンサム』と呼ぶのだと、私はその中で知った。馬の蹄が石畳に触れてたてる硬質な音や、霧にけぶるガス灯、ホームズが高速蒸気船に乗ったテムズ川。テレビで見たことも、勿論行った事もなかったけれど、本の中のロンドンは、確かに小学生だった私の中に存在していた。
 大人になり、ロンドンが想像だけの場所でなくなった今でも、訪れる度に私は軽いめまいにも似た興奮を感じる。子供の頃思い描いていた「ロンドン」がそこにあるからだ。
 勿論当時と違って『ハンサム』は走っていないし当然ガス灯なんて無い。それでもウエストミンスター寺院やロンドン塔、マーブル・アーチなどは昔と変わらずロンドンの街を見つめ続けている。石造りの橋も、もしかすると当時と同じかもしれない。古いほど価値があるとされるイギリスにおいては、百年以上前の建造物が当たり前に街中にあって、当たり前に使われているのだ。
 名作「オペラ座の怪人」が上演されるハーマジェスティーズシアター(女王陛下の劇場、の意) もそのひとつだ。二度の焼失を経て150年近く前に再建された建物が、現役で使われている。
 観客でごった返すロビーを通り抜け、受付で予約していたチケットを受け取る。エントランスで飴色に輝く柱も繊細な壁の細工も、どれを目にしてもため息しか出ない。天井の美しい装飾に目を奪われながら客席へ入ると、えんじ色のシートの半分が既に埋まっていた。高い天井にこだまするのは、アイスクリームやパンフレットを販売する売り子の声だ。観客は皆チケットとシートの番号を見比べながら自分の座席を探している。私も舞台にほど近い席に座る。きっと150年前もこの劇場は同じように、開幕前の静かな興奮に満たされていたのだろう。
 日本人の私には高すぎる座面も、舞台が始まる頃には気にならなくなっていた。素晴らしい俳優と美しい劇場。この二つが相まって一気にお芝居に引き込まれたからだ。
 ロンドンの街を歩いてみたなら、貴方はこの劇場だけが特別ではないことに気づくだろう。石造りの壁や美しい路地裏の教会を眺め、ホームズの歩いたかもしれない石畳を踏みしめる。ロンドンの街を歩きながら一世紀前に思いをはせるたび、私は小学生の頃に憧れた世界に飛び込むことができるのだ。

curo_profile_2

久路 (curo)大阪生まれ兵庫育ち。

美味しい食べ物に出会うと生きてて良かったとしみじみするこの頃。