F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

空色の地図
~台湾編~6
タクシー
久路

taxi_taiwan

 台北市に向かう高速道路は混雑していた。
 関空を飛び立ち到着した桃園空港は、台北から車で1時間ほどの距離にあった。市内へ向かう方法としてはリムジンバスとタクシーが一般的だ。生憎と私の泊まるホテルは、リムジンバスの停車駅から少し離れているため、タクシーを選ぶ事が多い。今回も私は大きめのボストンバッグを抱えながら、タクシーへ乗り込んだ。
 黄色い車体は混雑した高速道路を飛ぶように走っていた。
 台北へ向かうこの道路は、渋滞の一歩手前くらいの混雑具合で、連なった車列がずっと先まで続いている。その間をすり抜けるようにして、タクシーは走る。まるで映画で見るカーチェイスのような有様に、私は息をつめてシートベルトを握りしめた。だがそういう走り方をしているのはこの車だけではない。一般車もトラックも、バスですらひっきりなしに車線変更をしながら、我先に前の車を追い抜こうとする。ホテルまでの小一時間、車の中で仮眠でも、なんてのはよほどの心臓でなければ難しい。
 なので無事にホテルに到着した時は、心底ほっとした。メーターの示す料金を支払い、力が入りすぎて強張った肩を回す。いつもの事だが、台湾でタクシーに乗るというのはちょっとばかりのスリルを伴う体験だ。
 ただ運転の荒いタクシーばかりではない。
 その日は冬の台湾にしては珍しく、きれいに晴れ渡った空が広がっていた。朝から大好きな小籠包を食べに行こうと、ホテルの前からタクシーに乗る。台湾のタクシーは日本にくらべるとかなり料金が安いので、短い滞在の時や夏場は頻繁に利用することにしていた。
 乗り込んだタクシーの運転手は女性だった。珍しく英語が話せるようで、行き先を告げるとしばらく会話が弾んだ。
 ほどなくして目的地に到着する。予想より安いメーターの料金に、私は小銭を持っていないことを彼女に告げた。
「大きいお札しかないんですが、おつりはありますか?」
「朝だから生憎とお札が無いのよ」
とすまなそうに眉尻を下げる。連れを車で待たせて、近くのコンビニで崩して来ます、と提案した私に、彼女は「小銭は全然ないの?」と言った。財布の中から小銭を全て取り出し数えてみると、六〇元と少し。メーターは七四元だから、少しだけ足りない。
「じゃあそれでいいわよ」
 まけておくわ、と微笑む彼女は「だって今日はこんなにいいお天気だもの!」と空を指す。
「台湾を楽しんでいってね」
 言い置いて颯爽と走り去るタクシーの黄色い車体に、きらりと陽の光が反射した。

curo_profile_2

久路 (curo)大阪生まれ兵庫育ち。

美味しい食べ物に出会うと生きてて良かったとしみじみするこの頃。