F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります

空色の地図
~ロンドン編~4
公園
久路

london_park

 高い柵の向こう、白くそびえるバッキンガム宮殿は美しく、濃い青を溶かした空に国旗がはためいていた。
 立ち止まり見上げていると、道の向こうからジョガーがやってきた。短パンにランニングシャツ。ひとまとめにした金髪をゆらし軽快なリズムを刻みながら、すれ違いざまにふわりと風を残していった。
 日中は観光客でごったがえすバッキンガム宮殿も、早朝は閑散としていて、その広さばかりが目につく。正確には、バッキンガム宮殿の正面を通る車道の「ザ・マル」を隔てた北側は「グリーンパーク」で、黄金に輝くヴィクトリア記念碑の向こうが「セントジェームズパーク」だ。グリーンパークは大きな敷地のほとんどが芝生で、運が良ければ木から木へと伝い走るリスを見る事が出来る。茶色いしっぽを膨らませて軽快に駈ける姿は愛らしく、時折立ち上がってあたりを見渡す仕草なども観光客に人気だ。7月に入り、日中は半袖でちょうどいい気候だが、朝夕は羽織る物がなければ肌寒い。湿度も低くからりと晴れの日が続くロンドンの夏は、暑さが苦手な私にとって世界一過ごしやすい夏だ。
 ホテルから歩いて5分ほどのこの公園を、ゆっくり散歩するのは帰国する今日が初めてだった。昼前には発たなくてはならず、残された数時間をどう過ごそうかと悩んで思い出したのが、昨日レンタルサイクルで通りがかったこの公園だった。ツアーガイドの説明を聞きながら、時間を取れたらゆっくり散策してみたいと思っていたのだ。
 初夏から初秋にかけて、ロンドナーはこぞって公園で日光浴を楽しむ。ハイドパークをはじめに「スクエア」「ガーデン」などと呼ばれる小さな公園まで、ロンドンには無数の公園が存在する。夏場、それらの公園には有料のチェアが設置されるのだそうだ。うっかり腰掛けると料金をとられてしまうから気をつけて、とツアーガイドのエリーも言っていた。お金を払ってでも陽を浴びたいというのは、日本に比べ緯度の高い英国ならではの光景だろう。だがさすがに時間が早いためか、見かけるのはジョガーか通勤途中の会社員ばかりだ。
 毎朝バッキンガム宮殿を横目に通勤するのはどんな気分だろう、と考えながら緩やかに曲がる小径を行く。点々と並ぶベンチを横目に、私は本を持ってこなかった事を後悔した。
 名前は分からないが、おおぶりの枝をいっぱいに広げた木の下、ほどよい木陰で本を読んだなら、素晴らしく気持ちが良いに違いない。数日しかないロンドンでの滞在で、ただ公園で本を読むというのは、なんという贅沢な時間だろうか。首の後ろのうぶ毛が逆立つくらい、最高の思いつきだ。
 よし、次は文庫本を携えて来ようと心に誓う視界の隅っこを、2頭のレトリーバーが駈けていった。飼い主の投げたボールを取りに行ったようだ。鋭い指笛が高い空に響き、犬たちは跳ねるように大地を蹴った。

curo_profile_2

久路 (curo)大阪生まれ兵庫育ち。

美味しい食べ物に出会うと生きてて良かったとしみじみするこの頃。