F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります
201603

仮想記憶「きみの記憶は書き換えられる」 宇佐卯楽々×穂崎円

美しい誤訳のような朝が来てきみの記憶は書き換えられる エクセルの整列(ソート)機能を使うたびいっせいに散る…2016/04/11

201602

仮想記憶「まだ立っている」 宇佐卯楽々×穂崎円

あそこから雪が降るよと暗闇を指されてそこからふいに明るい 灰のまままだ立っていて 灰だから もどらないって…2016/03/18

201601

仮想記憶「どこにもないくに」 宇佐卯楽々×穂崎円

どこにもないくにの平和のかなしくてスノードームに雪を降らせる 雨が降る。自分以外の全員を傷つけるため傘は広…2016/01/30

201512

仮想記憶「ガーデン」 宇佐卯楽々×穂崎円

たぶん今遥か頭上に透明な証言台がひとつ置かれた 冠はみな光ることまっさらな君の額の傷であること 白バ…2016/01/22

201511

仮想記憶「名付けをしない」 宇佐卯楽々×穂崎円

唇をはなせばそこは砂浜でいつかは消える足跡でした 毛糸玉ころげるように手をひろげあなたにはもう名付けをしな…2015/11/30

201510

仮想記憶「石とガラス」 宇佐卯楽々×穂崎円

収穫祭 死者の吐く息うつくしく博物館の石ひえている 砕かれたものたちだけがここにあり音をたてない雨のようだ…2015/11/03

201509

仮想記憶「おそらくは愛」 宇佐卯楽々×穂崎円

親のない子どもはみんなあやういとあのひとが言うときの十字架 水平線みたいにきみを見ていたいちいさい船の舳先…2015/10/05

201508

仮想記憶「はらわた」 宇佐卯楽々×穂崎円

左右から違う音がする生活をしている何かを聞き落としながら ぶしつけな腑分けをされる デモをする人、しない人…2015/09/04

201506tanka

仮想記憶「サイレント・ブルー」 宇佐卯楽々×穂崎円

透明な炎に夢は燃えだして始発列車の窓が汚れる 手放してまた受け止めてをくりかえす放物線(さびしいね、てのひ…2015/08/04

1

仮想記憶「夕暮れの話」 宇佐卯楽々×穂崎円

(美化された記憶はいつも夏である)二の腕を擦りながら気が付く 放課後と同じ夕暮れなどないとあどけない夕暮れ…2015/06/26