F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります
G

於G郡無言坂 5 匠高岳

 僕は案能との一連の挿入行為の際にとうの挿入行為の空しさと滑稽さ=非快楽性について語り、あるいは回想しておいたにも関わら…2015/10/27

cherry

紅い糸 6 松下隆一

青の巻   一    あの人がうちに来たのは、大文字の送り火もすんで、町に人が戻って賑やかになった八月の終わり頃…2015/10/24

fuhkindoh

風琴堂覚書 マヨヒガ 参 菅野 樹

参    なかば嶽の手を引くように、俺は走った。足元に絡み付いてくる水仙を蹴散らす。白い花が千切れ飛び、真っ暗闇とな…2015/10/16

santaro

【旧制高校生必読の書】三太郎の日記 4 阿部次郎

四 人生と抽象 1  普通の解釋に從へば抽象とは具象の正反對である。抽象する作用は常に事物の具象性を破壞…2015/10/15

santaro

【旧制高校生必読の書】三太郎の日記 3 阿部次郎

三 心の影       1  價値ある情調を伴つてこそ知識も、思想も、乃至情緒其物も始めて身に沁みる經驗と…2015/10/10

santaro

【旧制高校生必読の書】三太郎の日記 2 阿部次郎

三太郎の日記 一 痴者の歌 1  世の中に出來ない相談と云ふ事がある。到底如何にもすることが出…2015/10/07

t2-20150512_190558

夜による夜 6 伊藤佑弥

 歩き続ける。もうずっと寒い。外の空気は部屋とは違い透明で、誰もいないから静かで、寒いような熱いような暗闇が僕を包む。街…2015/10/01

G

於G郡無言坂 4 匠高岳

 目覚めると翌日を迎えていた。案能の姿が横にないことによって、またその姿がベッドを映す姿見にもないことによって、案能がい…2015/09/30

cherry

紅い糸 5 松下隆一

五    カラスのひと鳴きを聞いて、私は眼がさめたようになった。まだ梅雨が続いている。今年の梅雨は長くて鬱陶しい。祇…2015/09/26

cherry

紅い糸 4 松下隆一

四    ざあざあと激しい雨の音が聞こえている。三日間降り続いたこの雨で、桜はみんな散ってしまったにちがいない。それ…2015/09/25