F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります
santaro

【旧制高校生必読の書】三太郎の日記 9 阿部次郎

九 三樣の對立     1    人は我持てりと云ふ。余は我持たずと云ふ。人は確信し宣言し主張する。余は困惑し…2015/12/14

unnamed

売られる戦場買う人でなし 11 斜線堂侑李

「……壊されても痛くもかゆくもないって……壊したら修理費用は君に請求することになるじゃない?」 「え? マジ?」 「…2015/12/10

fuhkindoh

風琴堂覚書 マヨヒガ 五 菅野 樹

五    街路樹の桜が今を盛りと咲き乱れる頃、久しぶりに私はあの方にあった。路面電車の電停で、行きかう電車を見送る青…2015/12/03

water

時間の片隅 2 ノムラたけし

 四年の間、妻は甲斐甲斐しく働き続けた。一緒に暮らしてからというもの朝食が出ない朝は一度もなかった。自分の仕事がどんなに…2015/12/02

cherry

紅い糸 7 松下隆一

四     今年の愛宕山の紅葉は狂ったみたいに早かった。毎年のことなのに、今年は特に美しく見える。燃え上がるようだと…2015/12/01

santaro

【旧制高校生必読の書】三太郎の日記 8 阿部次郎

八 生と死と   1   死を怖れざることの論理――一厭世者の手記より。  余の生に何の執着に價する内容がある…2015/11/27

20151126

【初期作品をもう一度】地味なグッバイ 伊藤佑弥

 屋上には誰もいないし何もいない。風が遮るものなく僕に直接当たり、風がある日はいつも寒い。風の音がさびしく聞こえる。 …2015/11/26

G

於G郡無言坂 6 匠高岳

「私自身がミッちゃんのように社会=経済機構における優位性によって必ず保護されることに強い嫌悪感を抱いていたかといえば、決…2015/11/25

unnamed

売られる戦場買う人でなし 10 斜線堂侑李

 一瞬、ほんの一瞬だけ、このまま同居人の家から抜け出して、何処へ行くとも告げずに逃げ出せないかと思ってしまった。別に同居…2015/11/19

water

時間の片隅 1 ノムラたけし

 いつもの時間に看板の電源をいれる。ぼやっとした光が店のドアを照らしたら、今晩もまた開店だ。ここは私が営んでいるバー「L…2015/11/18