F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります
tane

小説のタネ 2 吉川英治

空想の遊びが功徳    僕っていう人間は、少年時分からまるで空想で生きてるような奴でしてね、「忘れ残りの記」にもちら…2016/03/02

tane

小説のタネ 1 吉川英治

鳴門秘帖のころ    いま帰って来たばかりなんですよ。大映の試写室で、「鳴門秘帖」を見たんですがね。考えてみると、あ…2016/02/13