F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります
201512

仮想記憶「ガーデン」 宇佐卯楽々×穂崎円

たぶん今遥か頭上に透明な証言台がひとつ置かれた 冠はみな光ることまっさらな君の額の傷であること 白バ…2016/01/22

201512

鏡の箱に手を入れる 5 穂崎円

たったひとりのパラレルワールド、あるいは音楽の効用について    年末年始のテレビはどのチャンネルでも専用の特集番組…2016/01/22

seihin

空色の地図 ~台湾編~9 誠品書店 久路

 仕事でよく台湾へ行くという知人に話を聞かせて貰った。私が初めて台湾に行くと言うと、美味しい食べ物、マッサージの店、交通…2016/01/10

12492057_1010504362306134_6736711242118668575_o

【出版社物語】伽鹿舎:本恋う鹿は笛に寄る 第2回

それから先の事は自己の芸術的良心に従って行えば可い――    そもそもの、話をしよう。  伽鹿舎の、最初の最初、だ…2016/01/07

cne19

中年ファッションパンクス 19 五月メイ

19 深夜高速    遮光カーテンを買ったことによって快適な睡眠を手に入れたが、ケイスケは朝起きれない自分を知ること…2016/01/05

senyasensatsu

山田宗太朗、千夜千冊に挑む 第8夜:新戸雅章『バベッジのコンピュータ』~最初の科学者たち~

【松岡正剛・千夜千冊】http://1000ya.isis.ne.jp/ いわずとしれた知の巨人が営々と築き上げた …2016/01/04

elephant

〈3・11〉をめぐる現代小説③ 多和田葉子「不死の島」に仄見える希望 松本和也

         小説において未来や近未来をフィクショナルな設定として構えることはことさら珍しいこと…2016/01/02

IMG_1741

かなしみを大切に握り締めて。『悲しみの秘義』若松英輔

 涙は、必ずしも頬を伝うとは限らない。悲しみが極まったとき、涙は涸(か)れることがある。深い悲しみのなか、勇気をふりしぼ…2016/01/01

1

【出版社物語】伽鹿舎:本恋う鹿は笛に寄る 第1回

『伝えられない』を『伝える』ための『物語』を――    間もなく、2015年が終わろうとしている。  伽鹿舎が正式…2015/12/31

londonflower

空色の地図 ~ロンドン編~9 ロンドンの花 久路

 イングリッシュガーデンという言葉を、聞いたことがあるだろうか。フランス式の幾何学的に作り込んだ庭園ではなく、自然の景観…2015/12/26