F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります
uemura

母への追慕 上村松園

 父の顔を知らない私には、母は「母と父をかねた両親」であった。     私の母は二十六の若さで寡婦となった。  人…2015/09/20

santaro

【旧制高校生必読の書】三太郎の日記 阿部次郎

「必読の書」というとき、人が思い浮かべる本はたくさんある。今回は、「かつて必読と言われた」ものを紹介したい。  そんな…2015/09/19

bijitsu

ビジツカンのどうぐ5「お土産」 林田龍太

第五回「おみやげ」 ――郷土色を重視したい道具です――    突如再開するこのコラム。まず、中断と復活の経緯につい…2015/09/17

summer

鏡の箱に手を入れる 3 穂崎円

風船爆弾、あるいは弟によく似た人について    弟にうりふたつの顔をした人を知っている。  その人と会ったこと…2015/09/16

unnamed

売られる戦場買う人でなし 6 斜線堂侑李

4、ボンニハカエラズ    そういえば、長らく僕は同居人の仕事を知らなかった。同居人が就職活動をしているのを見る前に…2015/09/15

cne

中年ファッションパンクス11 五月メイ

11 GET THE GLORY   意外なことにThree Arrowsはトップで一次予選を突破した。しかもベス…2015/09/14

tsubouchi

十歳以前に読んだ本 ――明治四十五年六月『少年世界』の為に―― 坪内逍遥

 私は過去を語るのが強ち嫌ひといふ訳でもないが、前へ向つてする仕事が比較的忙しかつたので、曾て昔話をしたことが無い、随つ…2015/09/13

cherry

紅い糸 3 松下隆一

三    ベランダでメジロが死んでいる。窓ガラスで頭をぶつけたのか眼が開いたままで、きみどり色の背がくすんで見えた。…2015/09/12

cherry

紅い糸 2 松下隆一

二    暗く天井の低い店だった。四条河原町の高島屋の裏、地下にある洒落たカフェバーだったが、店に入ったとたんに私の…2015/09/11

08yoichi

空色の地図 ~台湾編~5 夜市 久路

 ポケットから取り出したスマホの画面を見る。午後5時[tcy]47[/tcy]分の表示に軽く舌打ちをひとつ。再びポケット…2015/09/10