F T R @
九州発! 日本中が楽しくなるWEB文芸誌。美術館・博物館のイベント情報、気になる本や本屋さん、読みたい物語がきっと見付かります
20160421

空色の地図 ~台湾編~12 かき氷 久路

 沖縄を僅か南西へ下った場所に位置する台湾の夏は、暑い。それはもう、容赦なく暑い。陽の高いあいだは、日傘やサングラス無し…2016/04/21

201604

鏡の箱に手を入れる 6 穂崎円

おはなしを、あるいはエッセイの定義について    Web文芸誌「片隅」へのエッセイ執筆についてはメールで依頼が来た。…2016/04/20

rugby-2

魂に背く出版はしない 第8回 渡辺浩章

第8回 未知との遭遇    前回の投稿日を見直すと[tcy]12[/tcy]月5日となっているので、3カ月近くこの連…2016/04/19

elephant

〈3・11〉をめぐる現代小説⑥ 金原ひとみ『持たざる者』が示す「それぞれ」の震災後── 松本和也

           ここまで、現役小説家がさまざまな距離感から書いた、しかし共通項としては〈3・…2016/04/18

201603

仮想記憶「きみの記憶は書き換えられる」 宇佐卯楽々×穂崎円

美しい誤訳のような朝が来てきみの記憶は書き換えられる エクセルの整列(ソート)機能を使うたびいっせいに散る…2016/04/11

2-3

九州限定文藝誌『片隅02』 4月23日発売!

 私たちは、ここにいます。    ※通販については、ページ後半をご覧ください。    お待たせいたしまし…2016/04/10

pub-1

空色の地図 ~ロンドン編~12 パブ 久路

 金曜日の夜ということもあり、オックスフォードストリートに面したそのパブは、ビールや食事を楽しむ人で混雑していた。ぐるり…2016/04/01

2016_3-2

はつ花かぞえ 葛引すい子

第十二回  睡蓮(すいれん)    震災のことを、おはなししようと思います。    最終回です。「めぐりあわせ」…2016/03/23

201603-02

一面に春

春を告げる花には幾つか深い印象がある。菜の花はその最たるものかもしれない。 御船町近辺の菜の花である。 いちめんの、…2016/03/23

201603-01

水面に桜

池にうつるさくらの色は淡い。 春爛漫。風が吹き、水面にはさくらいろが散る。水面のさざなみと、ゆれる桜の枝と青空。広がる…2016/03/23